マイナチュレカラートリートメントは無添加で安心♪

白髪染めする時に大切なことって何ですか?

私が一番大切だと思うことは、まずはきれいにしっかりと染まることです。
でも、白髪染めって継続して使うものです。

だから、髪や頭皮に優しいということも大切なポイントです。

髪の毛に負担がかかるような白髪染めだと、髪への負担が増していきどんどん傷んでしまうと思います。せっかく白髪染めがきれいに染まっても、カラーリング剤で、髪の毛が傷んでパサパサになってしまっては本末転倒ですよね?

さらに、頭皮は以外とデリケートな皮膚です。何度もダメージにさらされると、炎症やただれなどになってしまう恐れがありますので注意が必要です。

そんな余計な心配をする必要もなく、安心して使える白髪染めがあります。それがマイナチュレのカラートリートメントです。

マイナチュレカラートリートメントはどうして安心なの?

どうしてマイナチュレカラートリートメントは安心なのでしょう?

その理由は、無添加で作られているからです。無添加のため、髪の毛に不要な成分が頭皮にも残りません。

また、シリコンやパラベンなど8種類のアレルギー成分も配合していません。
なので、アレルギーのある方でも安心して使うことができます。

だからといって白髪染めの染まり具合が悪いとかではありません。それは、別の方法で実現していますので安心して使うことができます。

植物由来の成分もたっぷり配合されていて、その割合はなんと94%です!
植物由来なら人間の肌にとっても自然ですから、馴染みやすいと同時に髪や頭皮への負担も少ないので安心して使えます。

さらに使っている水もアルプス産というこだわりです。不純物も少なくてミネラル豊富なので何か良さそうですよね?

無添加だからと言って白髪染め効果やトリートメント効果が弱いわけではありません。しっかりと確実に白髪を染めてくれます。

ただ白髪を染めるだけじゃなく、色持ちもかなり評判が良いです。さらに使えば使うほど髪の毛も艶も出て、潤いを保つこともできます。

今まで髪がパサついていたという方は、マイナチュレで白髪染めするほどキレイな髪になっていくかもしれません。

マイナチュレのトリートメント効果の理由は?

トリートメント効果の理由は、アルガンオイルやホホバオイルなど、天然成分由来の保湿成分やエイジング成分も贅沢に含んでいるのが理由です。

マイナチュレは白髪を染めるだけじゃなく、さらにもう一つの効果トリートメント効果までしっかり実感することができるんです。

白髪をムラなく染めながら、髪の毛のケアも出来るので一石二鳥です。

これだけでもかなり満足の白髪染めなのに無添加のカラートリートメントなので、長く使い続けても髪の毛の質がアップするだけでダメージにはつながりません。

こんな白髪染め欲しかったと納得してもらえると思います。

>>マイナチュレカラートリートメント体験レビュー

ルプルプとプリオールはどっちがいいの?

Jコンテンツから発売されているルプルプヘアカラートリートメントと資生堂のプリオールカラーコンディショナー、どちらもトリートメントタイプの白髪染めの中では人気の白髪染めです。

ルプルプとプリオールはどっちが良いのでしょう?

染まり具合や使い勝手などをざっくり見ると、どちらも大差ないように見えます。
今回は、さらに深く追及し、ルプルプとプリオールどっちが良いのかを比較していきましょう!

使用感について比較してみましょう!

ルプルプは、植物由来成分のオイルにより、かなり優しい感じを受けますね。

チューブ式で通常のトリートメントとほとんど同じ感覚で使うことができる点ではルプルプもプリオールも同じです。また、ルプルプは白髪染め特有の嫌なニオイもしないので、使用感はかなり満足できます。

一方、プリオールには香料が入っていて、グリーンフローラルの香で好みにもよりますが、ニオイが苦手な人にとってはマイナス要因かなと思います。

使い方の違いについて比較してみましょう!

両者の使い方の違いについて比較していきます。

まずはルプルプですが、シャンプー後にしか使えないことはありません。推奨は、シャンプー後にタオルドライをするのが基本ですが、乾いた髪に塗ることもできます。
乾いた髪に使う方が染まりやすいという特徴もあります。

一方でプリオールは、コンディショナーですので、基本的にシャンプー後に使用します。
ただ、プリオールを塗った後に5分放置すれば良いというのは、かなりのメリットですね。ただし、よりしっかり染めるためには、10分~15分は置いた方が良いので、ルプルプとほぼ同じです。

シャンプー前とシャンプー後に使いわけることができるルプルプの方が使い勝手の幅は広いかなと思います。

色のバリエーションを比較してみましょう!

白髪染めを選ぶポイントとして、色のバリエーションの豊富さも大切なポイントになりますよね?

白髪を染めた後に自然に見せるためには、今の髪色に近い色を選ぶ必要があります。そのため、色のバリエーションが多い方が自分に合った色を見つけられるはずです。

ルプルプは、色のバリエーションは4種類あります。ブラウンからナチュラルブラックまで少しず色合いが異なる色のバリエーションが用意されていますのでかなり豊富ですね。

一方でプリオールの色のバリエーションは3種類です。ブラック、ダークブラウン、ブラウン以上です。

色のバリエーションについてもルプルプの勝利ですね。

まとめ

ルプルプとプリオールについて比較してきました!

使用感についてはあまり差はありませんでした。ですが、使い方の幅の広さ、色のバリエーションの多さはルプルプに軍配があがります。

ということで、総合的に判断するとルプルプの方が良いと言えます。ただし、白髪染めは相性も大切なポイントです。

実際に使ってみないとわからない点もありますので、最初のうちは色々と試してみると良いと思います。

>>ルプルプヘアカラートリートメント詳細

お姉ちゃん何してるの、!こんなんじゃ駄目よ!

タイトルを見て、「どこが白髪染めのエピソードなの?」って思う方もいると思います。
白髪染めのエピソードはこれから始まります。
白髪染めと言えば…
「ビゲンの香りのヘアカラー…」
「ビゲンスピーディーカラー」
色々ありますよね、今ではクシに直接つけて白髪染めをするやつなど沢山種類ありますよね。

私が最近やった白髪染めは…クシやハケを使って染めるものではありません。

シャンプーのように手袋にとって頭につける白髪染めです。

ここから体験談に入りますよ。

私「そろそろ、白髪染めしなくちゃかな~、カラー染めじゃ無理だもんね」
母「してみたら…白髪染め」
妹「お姉ちゃん、してみなよ」
という事で私は、この時初の白髪染めをしてみようと始めたのですが…
私「デカイ容器をシャカシャカして…それで…手袋にとって…何々」
私は手袋にとり頭に直接つけたんですが
私「何かこんなんで本当に染まるのかな、何か頭も流してないのに直接頭につけていいの?」
私は自身がなくて頭に手袋をのせて、染めてたんです…その時
妹「お姉ちゃん!何してるのこんなんじゃ染まらないよ、私がやってあげる」
すると妹が立ち上がり、私の頭の上を…
頭「ゴシゴゴシ、シャカシャカ」
妹「こういうのはね手早く強引にやるのよ、トロトロとマッサージしてるんじゃないんだから」
私「そうなんだ、じゃあ任せるね」
そして最後まで妹がやってくれ、頭も綺麗にそまりました。

さすが妹、私とは正反対です。ファッション関係は得意のようです。
私はファッション関係は全く0のようで。

あの時以来白髪染めは妹にやってもらってます。
(私自身、美容院に行くのも苦手ですからね。)

また、最近見つけたこんな白髪対策もあるんだなというもの。
haru シャンプー 口コミでも評判が良いみたいです。

これなら、私でも簡単にできそう!